株日記2022年11月

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

1日 復活

約2年ぶりくらい?に日記再開
日記は書いてなかったけど株は1日たりとも休まずにやっていた
皆勤賞

思えば自分の人生、皆勤賞というものは無かったのでなかなか凄い事。
ゲームも皆勤は無いので一番ハマっている、向いている趣味かもしれない

ゲームと一緒で一生ものの趣味にしたいと思っているので

まずは勝っていたい
負けたら続けたくなくなると思うので、
続けたい=負けないようにするというのがある

「負けない」が目標だけど、
株を始めた当初の目標の「億トレ」目標もまだ継続しているので
なかなか矛盾していて難しい板挟み状態

今の日経週足

2年前と世の中は大きく変わった
色々ありすぎて割愛
この1年の値動きが一発でわかる上の画像を見ると
岸田首相が誕生した瞬間から下がるだけだったけど
最近持ち直してきている

アメリカが利上げRUSHに入って1年下げ続けたナスダック
アメリカをはじめ世界中こんな感じの1年だったので
別に岸田さんが悪いわけではないけど、安倍ちゃん菅さんだったら日本株はもっと粘っていたのではないかと思ってしまうところはある

収支まとめ

2020年


1年目で勝てたのはレーザーテックのおかげというのが大きい
株を始めた年がバブルの年で初めて買った株がレーザーテックという
どういう運の良さだと今でも思う

初年度からマイナススタートだったら辞めていただろうからレーザーテックには感謝するべきなんだろう


2021年

この年は日和りすぎていた
初心者なのにバブルはそんなに長く続かないだろうといらぬ心配をしていて
1日1万円勝てればいいという堅実手法を開発することに注力していた
その感、全く触らないようにしていた半導体はさらに爆上げし続け、
置いて行かれて行ってる感はあったけど後半弾けるのでまあよかったかと今思う

2022年~

含み損が150万あるけど、それでも今のところ過去一番利益が出ている
一応上手くなっていっていると思う
約定回数が1年目に比べると何十倍にもなっている
まあ2020年は株買ってなにもしないのが正義だったというのもあるけど
手数を多くして利益を増やせていってるのは実力がついていってるからだと思う
なのでやり方は間違っていないと思える

2021年から信用を始めてデイトレ開始
2022年は空売りも始めたから約定回数が跳ね上がるのはそういうところにある

「辞めたくない」と書いたけど、
でかい負けを食らったらちゃんとやめるので、そうならないようにしたい
望むのは「続けたい」


ただやはり目指したいのは
親戚の前で職業を言えるようになると思うラインの1億なんだ

8日 求めるのは強い銘柄ではなく手法

日記再開といいつついきなり更新が止まっていた
オーバーウォッチ2が面白すぎてずっとやってしまう

まあ今は買い場ではないのであまり大きく売買していない
2年半もやれば流石に株は待った方が有利と分かる。最近気付いた事だけど。

ただ無職なのでザラ場はずっと売買していないと無職のアドバンテージを活かしてないから焦ってくる問題もある

まあその間、手法でも探そうと思う。


株一年目の手法は、右も左も分からない
何をすればいいのかわからないから
適当な株を適当なタイミングで買ってじっと待つ

これが誰しもの最初の手法だと思う
なかなかのド不利スタートだと思う
プライベートライアンの最初並の。

なので下げ相場で初心者が株を始めても上陸できないと思う
いつ始めればいいですか、どの株買えばいいですかと聞かれたら
上げ相場で始めてくださいという
上げ相場はどんな銘柄も上がるし下げ相場はどんな銘柄も下がる
1部逆の動きをする銘柄も出てくるけどそれを狙ってもリスクリターンが合っていない。

初心者の時にホロンで食らって思ったけど
株は勝つゲームというより、食らわない事が重要なゲームという教訓がまだ重要視されている

あっちの銘柄で100万勝っても、そっちの銘柄で100万負けたら意味が無い1円も勝っていない
自分が仕手株に一切手を出さないのはその教訓から来ている

でもグローバルウェイやバンクオブイノベーションみたいなのを見ると夢しかないので
次の仕手王が出てきたら少額で買うかもしれない(どっちだ


どんな上げ相場でも指標決算等で食らう事で知識が少しずつ付いて行って
今後はもっとこうした方がいいなと思いつくことで
手法がアップデートされていく

初期の頃は発見の連続でアップデートが多かったけど
2年半もするとアップデートが止まりがちになる

Ver3.011…みたいな少数点アプデになる
Ver4にはなかなか行かないのを感じている

11日 CPI通過で爆上げ

あまりガンガン買ってないので乗れてないけど
ギャンブルに近い2択なので乗らないでいいと思う



引け後

グロース大暴騰で足並み揃えて引けまで垂れなかった

日経もマザーズも同じ動き

15日 ソフトバンク爆下げ

ソフトバンクの決算が悪いのはいつもの事だけど自社株買い発表が無かったからかリバ無し
いつも寄り付きGDから爆上げするインチキムーブしてたけどついにそれが無く-12%

寄与度3兄弟の1人がこんなに下げて-181

捕まっていた売りが救出される

ソフバン決算跨ぎは下がる率が高いから売り増しておくべきだったかなあと思ったりもする
確率的に勝算があるならロットを入れるのが重要なのはわかっている
でもこことレーザーは滅茶苦茶な動きをするので増す事は無いギャンブルになってしまう

ソフトバンク
レーザーテック

この2つは無茶苦茶な動きをする2大巨頭でギャンブル度合いが高いため
基本触らないようにしているけど

需給で一方通行になりやすい癖があるので
需給を読んで順張りすると大きく取れるのではとも思っている

需給が良い銘柄に順張り
需給が悪い銘柄に逆張り

どちらが良い手法なのか来年のテーマにしてみるか

15日 本屋

本屋で投資コーナーを見るも
並んでいるのは本は「今後上がる株」これが8割くらい占めている
なので見る価値がない

手法の本を求めているんだけど
「えっそんなやり方あるの?」と驚く本はもう無いのかもしれない
ネットの情報を集めまくるしかないか

16日 短期しかやらん

昨日本屋に行って思ったけど
積み立てが有利と世間は凄い言うけどどうしてもそうとは思えない
長期が不利というのもあるけど短気が有利すぎる理由

それは普通の銘柄が2倍になるより、
1%上下を100回往復する方が多いということ

後は毎日コツコツ増やしていくと残機を増やしていく感じで
100機増やしておくといつか来る振り込みでも4なないわけですよ

長期の弱点というのは、地政学リスクで必ず食らってしまう
なんなら指標売り、機関の都合売り、週末売り月末売りSQリバランス
連れ安イベントで全部食らっていくのが
バカらしいというか、何回同じの食らってるんだよもっと上手くやれただろう感を味わうたびに
短気で良いやとなった

短期でも上記リスクは食らう
でも回避することがあったり、ロットも大なり小なりがある
でも長期はポジションが大きくなってしまうからクリティカルダメージを食らってしまう

短期の方が長期的に有利だと強く思う

来年の年末も同じことを思っているだろうか
来年の自分がこの日記を読み返すことがあったら答えていただきたい

17日 スクエニ従業員がインサイダー

「スクウェア・エニックス」従業員だった男を逮捕 新作ゲーム開発でインサイダー取引 東京地検特捜部

【速報】「スクウェア・エニックス」従業員だった男を逮捕 新作ゲーム開発でインサイダー取引 東京地検特捜部(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
スマートフォン向けの新作ゲームの開発情報をめぐり、ゲーム会社「スクウェア・エニックス」の従業員だった男ら2人が、インサイダー取引をした疑いで、東京地検特捜部に逮捕されました。 金融商品取引法違反の

スマートフォン向けの新作ゲームの開発情報をめぐり、ゲーム会社「スクウェア・エニックス」の従業員だった男ら2人が、インサイダー取引をした疑いで、東京地検特捜部に逮捕されました。 金融商品取引法違反の疑いで特捜部に逮捕されたのは、スクウェア・エニックス従業員だった佐崎泰介容疑者(38)と、知人の鈴木文章容疑者(40)の2人です。 佐﨑容疑者は、スクウェア・エニックスに勤務していた2019年11月下旬ごろ、スクウェア・エニックスとオンラインゲーム制作会社「Aiming」が共同で開発していた、スマホ向けの新作ゲームに関する情報を知ったということです。 そして、その情報が発表される前に、Aimingの株式およそ16万2000株を、合わせておよそ4720万円で買い付けた、インサイダー取引の疑いがもたれています。 佐崎容疑者は、取引の際、自身の名義で買い付けた他、知人の鈴木容疑者に買い付けさせていました。


時期的にドラクエタクトの事なんだけど、
ドラクエというタイトルを時価総額100億程度のマザーズ企業に作らせるスクエニもどうかと思う
株価に対して威力が核兵器の爆発が起こり、さらにマネゲ化して株価は半年で4倍まで上がった
TOBでもここまで上がらないしこんなバカげた事が起こるセクターはゲーセクだけ

18日 情報・通信の上昇率1位にカプコン

小型株を除いたランキングになっているけどカプコン断トツですな
時価総額がコナミを超えてるのは歪みが生じてる気がする
地政学リスクを受けやすいのはコナミなんで、来年カプコンとコナミが逆転するのかが気になるところ

19日 11月3週目のまとめ

レーザーテックようやく調整
この時価総額で1か月で2バガーするというレーザーっぷりだったけど
下がり方もレーザーで2日で約15%下がる

ソフバン
こちらは決算やらかして下がってリバるのかと思ったらまた下落という
ハメ込む気しかないし触らない方がいいという判断になるんだけど

売買代金ランキングが常にトップで嫌でも目に入ってくる

トップが仕手株化してる日本市場

レーザーの売買代金5000億ってチート使わないとでないだろうという数値
初めてレーザーを買ったときから化け物とは思っていたけどここまでになるとは夢にも思わなんだ

触らないという自制心は初心者の時はメンタル疲弊するんだけど、
これも3年目に入るとなんとも思わなくなる
むしろ4000銘柄あると広い視野を持つと触らないでもいいやとなると思う

エイミング
問題を起こしたスクエニは-1.83%と微下げなのにこっちはガチ下げ
過熱していたところに材料が来てしまったというのもあるか


日経


今年もあと一ヶ月
年末日経30000行くか?と考えると

自社株買いストップのソフバン
過熱してる半導体

で、うーんになってしまう
となると日経がだめなときに逆を行くNTTを買い集めてるどうなるか

今年はFOMCゲー過ぎるので今年最後FOMCの12月13日まで荒れて
方向決まるかな?

21日(月) バフェットが商社を買い増す

バフェット氏のバークシャー、三菱商など5大商社株の持ち分上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-11-21/RLO8EQDWLU6901


需給がSSSになるので乗るべきだけど上がりすぎなんだよなあ

30日(水)今月まとめ

やっぱ日記書かなくなるなあ・・
コンスタントに書くというのがなかなか出来ない
株とゲームはコンスタントに出来ているんだけどこの違いはなんなんだろう

日経の調整を待っていたけどグングン上げり下げず
上げに乗れず

決算シーズンでもあり拾っておいた押し目
なんでもかんでも上がるから連れ高してくれたのが利益になった感じ


今月の実現損益は+960851円
含み損も10万減ったので今月も無事プラスで終われた

反省も多い

エーザイ空売りで-38万

そもそもバイオを触らないというルールを昔作ったはずだけどもう忘れている
あまりにも材料で動くギャンブルというのもまた思い知らされる

認知症の薬が進捗するニュースが出ると爆上げ
材料出尽くしでいったん下がると思ったら競合他社の進捗が悪いニュースが出て爆上げ

↑ここでたまらず損切った
思惑から付いてくる需給
これがいかに強いかを思い知らされてあまりにも力強かったので損切ったらその後

認知症の薬でし者が出たニュースで-10%の爆下げ・・

こんなギャンブルをなんで触ったのか自分でもよくわからない

大事にしていること

1日5万利確というのを大事にしている
シンプルに計算して年1000万になる

それを白線跨ぎにしている
これ以上多かったり少なかったりで
道から外れていないかに日々気付けるようになっている
多いと無理をしているかもしれない、少ないともう少しロットを上げるとか

日々ズレが無ければ月間にもズレが出ないはず
これが手法でもあると思う
月間でマイナスになっていたらその手法修正しなくちゃなともできる



スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハッピーゲームハッピーライフ

コメント