最近SiMが気になる

未分類

4人組バンド、名前は知っていたけどそれ以外知らなかった
ジャンルはハードコア・レゲエとそりゃ聞く機会が無い。
ハードコアは押尾学しか聞いた事がない。


進撃の巨人のOPに採用された曲が
米ビルボード1位を取ったと聞いてマジかとなる。


最近は流行りのアニメのOPに採用されただけで評価される傾向にある気がしてるけど、
1位取ったというのは本物ということ。

こんな運動量激しいバンド見たことがない

自分はなにが気にいったかというと、
ギターとベースの人が凄い動く所


自分がSiMが気になる事になったのも
しょっぱなから楽器くるくるしだして一気に引き込まれた

そのムーブやる必要ある?っていう事を全力でやってたり
よくその運動量で楽器演奏できるなという関心するところもあり
それでいて演奏クオリティも高い

それがまぁ刺さった


youtubeにライブ動画がたくさんあるので最近ちょっとYOUTUBE見るのが楽しい

羽生結弦もビックリの4回転している事もあり、なかなかヤバいバンド


ちなみに、simで検索するとsimカードの事しか出てこないので
ちゃんとSiMと入力する必要があるめんどくさいバンドでもある

新撃と進撃

2014年のアニメ「神撃のバハムート」でもSiMの曲が起用されている
このアニメ用に監督から指名されて作られた曲だそうだ

SiM| 激ロック インタビュー
-『ANGELS and DEViLS』はCD+DVDという形態のシングル。今回は、そのCDに収録されている2曲の新曲に関することを中心に訊きたいと思います。あえてシングルを出すってことは、より幅広い層へのアピールを狙った作品なのかと思って聴かせてもらったんですけど、なんかむしろ、その真逆と言ってもいいくらいガツンとく...


そして2022年「進撃の巨人」のOPにまたSiMを起用

神撃と進撃、面白い事する

どちらもアニメ制作はMAPPAということで、
アニメ制作がWIT STUDIOのままだと誕生しなかった曲だと考えると

ますます面白い話

SiMとゲームタイアップ

ゲーム業界にも絡みがあったようで、
龍が如く極み2のテーマ担当だったとのこと。

正直知らなかったのであまり話題にならなかったと思われる。

龍が如くの曲では見参のテーマが好き

でもこうして海外でもブレイクすることになったバンドなんだから
名越さんも見つけてくる手腕凄い


進撃の巨人もこのSiMの曲で勢いづいたと思う
最近のアニメが流行る要素として外人の後押しが大きいと思う

ジョジョも古い漫画なのにここ最近ブームになったのって
ジョジョが好きな人たちがアニメ化して
それが外国でも火がついてミーム化したりという連鎖がある


なのでまあ、進撃の巨人のゲームが2016年に出た時、
出すの遅すぎだろもうブーム去ってるだろと思ったものだけど、
またブームになってる今、出すの速すぎだろと思ったりする謎現象が起きたりもしてる

ジョジョは今年ASBのリメイクを出すと発表があったし、
外人が最高潮に盛り上げてくれてる時にゲームも出せると一番だろうけど難しいだろうな

やっぱキャラゲーはバランスより出すタイミングが一番なんだろう

SiMメンバーはゲームをやるのか

バンドでは珍しく(?)全員ツイッターをやっているのでざっと見ましたがやってますね

ボーカルMAHさんはああ見えてゲームをやっており、
APEXではダイヤへ行くほどの実力だそうです

龍が如くを全作プレイしているというのもかなりのゲーム好きと言っていいでしょう

SIMの中で一番のゲーマーか?
という衝撃画像がベースのSINさんツイッターにありました

何気ないテレビの画像かと思いきや、
その横には超絶入手困難なPS5が・・!

未分類
sssをフォローする
ハッピーゲームハッピーライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました