C1ランナーより『マッドドッグ佐藤』

この記事は約3分で読めます。

出典 楠みちはる『C1ランナー』
登場巻3~7巻


本名 佐藤公彦

18で免許を取り、大学に行かないからその金でGT-Rを買ってくれと親に言い
30歳まで首都高環状線の6分切りにこだわり続けた男 

スポンサーリンク

佐藤の32GT-R

止まっているのに速いと評される

最強キャラ(?)

このコマで実力が大体読み取れる

GT-Rでいち早く6分台に乗せた男

そして6分切りした人は存在しない

この2つの情報から、上位キャラなのは間違いない

そして、この漫画に佐藤より速いキャラが出てこない
つまり首都高最速の男なんじゃないかと思います

渋川の「コイツこそ本当の首都高最速 本物のC1ランナーか・・」というセリフもあり
しれっと3巻で荒井が「6分切りに一番近かった32のGT-R乗り」というセリフもあるので間違いないかと

GT-Rの敵はGT-Rだけ

Q.当時首都高はGT-R以外どんなクルマが走っていたんですか?

A.全部GT-R
だよ


バランスの悪いゲームでも1択にはならない。
たけどこの世界にはそんなものないよという回答。

ここで学べる車の性能差
GT-R > インプレッサ・ランエボ(150km/hまではタメ張れる) > スープラ・RX-7(どんなにチューンしても敵ではない)

マッドドッグの由来 狂犬時代

90年代半ば首都高を走るGT-Rの中で断トツの速さで名を売った
その走りは過激そのもの

この漫画では珍しく、通り名がついているキャラ

マッドは狂うではなく、熱狂
ドッグは走りという意味


熱狂マッド走りドッグ


こんな通り名を付けられるあたり、ヤベー奴だろう

勝つためのルールしか守らない走りをすると思いきや、

作中の走りはそうでもない

譲る走りをする男になっている


佐藤のエピソードは「譲る」がテーマで

死なないことが重要というエピソードになっている


首都高で死ななかった理由


狂犬時代

なあ佐藤・・
後ろめたさはあるかい・・?

たしかにお前は速いよ
でもその走りじゃあすぐドンづまる

首都高はサーキットじゃあない
走る事は正当化なんかできないだろ

やっちゃいけない事やってんだから
いつもどこかに負い目がある

走り屋なんて言葉で正当化しちゃいけない

後ろめたさがあって当然なんだよ

控えめになれ
譲る気持ちで走れマッドドッグ

首都高を走って学んだ事

首都高はオレの大学で・・
GT-Rは先生だった・・なんて言ったら笑いますか?


大学に行かない選択をし負い目を感じる人生だったが、
学んだ事がある


本当のGT-R乗りになれた日

佐藤が32-Rを買ったのは95年冬で
GT-Rは新型の33Rになっていた

しかし佐藤は32Rが欲しかったためディーラーの在庫を探し出して買った

新車なのに最初から型遅れ
嬉しかったけど賞味期限切れを手にした気分になってしまう

大好きな32Rを手に入れたとたん新しい33Rと比べる毎日・・

やっぱり新しいモノ
旬のモノにはかなわないと思ってた

でも・・ある日を境に気持ちがガラリと変わったんだ

名セリフ・シーン

江戸橋コーナーにて、RX-7は曲がり切れず壁に接触
その際のセリフ


それがRX-7の限界だノブ───


何が面白いかというとこれがバトル始まってすぐのセリフだから

「イヤな気がしたからヤメた」
それが僕の首都高の走り・・だ


驚くノブ
そこにはもうマッドドッグはいなかった


首都高タイムアタックの歴史

漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハッピーゲームハッピーライフ

コメント