【MASTERナルメア】藤村ナルメアの最強立ち回り

この記事は約2分で読めます。

ナルメアが配信されて1週間経ちました。
1週間経つと少し形になってくるものですが、
藤村さんのナルメアは一か月後みたいな動きをして仕上がっているので藤村ムーブをまとめてみます。

スポンサーリンク

モードは基本源氏モード

最近、ももちスタイルという神楽モードをメインにする立ち回りが発見され流行していますが、
藤村さんは変わらず源氏モードでやっています。

そして遠Cヒット確認水月をやっています。

ヒット確認が出来る藤村さんは源氏の方が強いという判断なのでしょう。

藤村の画面端への持っていき方

ナルメアは中央では火力が出ないため、画面端に相手を持っていく必要があります。
藤村さんのナルメアはすぐ画面端に相手を押し込んでいますがどうやっているのか見てみると、

・遠Cヒット確認→B水月

やはりこれでした。
源氏モードはカタリナより間合いの広い遠Cがあるため立ち回りで強いです。
B水月は当てると相手をかなり運べるため、
この組み合わせがある源氏は画面端に持っていきやすいです。

それ以外は源氏中の小足→前ダッシュ→小足で気付いたら相手は画面端に追い込まれています。

バクステ切り替え

技を出すと勝手に神楽に切り替わってしまうため、隙を見て源氏に戻す藤村さんですが、
戻し方はバックステップ中に切り替えています。
ボッ立ちで切り替えを行うと隙が生じて危険なため、
バクステ切り替えをやっています。

藤村さんがやっている崩し

崩しの手段を増やしたいと思っていましたが藤村さんの崩しのレパートリーが豊富です。

・密着で少し待って近C
・前ダッシュで密着まで走って近C
・飛び込みガードさせて少し歩き近C
・源氏の小足小足ガード確認神楽2B→5B

触り
・B刹那ガードさせて→A泡沫→B繊月

最後に

説教TVのボスらしく甘えのないプレイで見ているだけで震えてくるとともに
少しは近付きたいと思いました。
圧倒的強さのプロはモチベを与えてくれます。


最大の問題はヒット確認をどうするかだなぁ・・

考えた末の結果↓

配信アーカイブ

Mildom
グランブルーファンタジーヴァーサス
グランブルーファンタジーヴァーサス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆがみブログ

コメント