初心者株日記6 復帰 レーザーテック1本でいく

この記事は約4分で読めます。

14日に引退しましたが、翌日、生きる刺激がなくなったのを感じたのと、
セミリタイアのチャンスをみすみす捨てるわけにはいかないという理由で
15日の午前中には再開していた
普通に仕事中に株を買っていた

ただ、もうレーザーテックしかやらない
レーザー専門でいく。

あれからわりと色々あった


一番の事件は復帰した15日金曜
朝にTSMCがアメリカに工場を建てるというニュースがあった

これはいい

その日の大引け直後
トランプがファーウェイに半導体禁止令を出した

あいつもう絶対投票してやらん(投票権はもともとない)と思っていたけど
鬼のようにダウを上げ続ける頑張りを見せてくれて(

恐ろしい上げ方です
株歴まだ1ヶ月も経ってないですが
こんな日ってあまりないんじゃないでしょうか

実際はモデルナ社のワクチンが良い結果を出したからだそうです
ただ、半導体の株価が大幅下落にならない見事なタイミングでの発表だったのでトランプは計算していたと僕は思っています


地合いがよくなりレーザーの株価は上がる



次の日なんか特に材料がないのにレーザーテックは前日終値が7700円だったにも関わらず
今日の終わり値8210円の爆上げ
材料不明

大人しくずっとレーザーだけホールドしておけば現時点で200万くらいはプラスになっているはずだたったので(タラレバ)
なので握力が一番大事なんだと思った

短い株経験値ですが、
レーザーテック以外触らない
ホールドしてる

これだけでOK

5月20日

復帰後は600株だけ持っていたけど
これじゃあリタイアできないなと400株追加
1000株をずっと持っている事にする

スポンサーリンク

5月22日 サムスンが5ナノを量産開始

今日は凄かった
・日経が下げていて
・sox半導体指数もマイナス3%
・米中対立がさらに懸念されるニュースあり
・レーザーテックは毎日年高更新していて上げすぎ
・週末という最悪の条件なのに

今日もレーザーテックは今日も年高更新

悪いニュースの中にサムスンが5ナノ量産とあった
これが全てに打ち勝つ材料なのか?
他メーカーも5ナノ量産に入ったらどうなるんや・・

サムスン、最先端5ナノ半導体量産へ TSMC追う

サムスン、最先端5ナノ半導体量産へ TSMC追う
【ソウル=細川幸太郎】サムスン電子は21日、半導体の受託生産事業で最先端の回路線幅5ナノ(ナノは10億分の1)メートル製品の量産を年内に始めると発表した。まずソウル近郊の華城(ファソン)事業場で始め


あと今日は週末なので持ち越すかどうか考える人が多いんでしょうが
普通に持ち越します
もうレーザーテックを信じてるからです

現在の収益

と引退前の

合わせて1,044,314

もう前みたいにホロンという小早川みたいなのは保有していないので
あとはレーザーが令和のキーエンスになってくれればセミリタイア出来るな


今週最終値

ファーウェイが制裁を受けるとどう影響を受けるのか

レーザーテックと繋がりの深いTSMCのシェア凄いな

米国「内製半導体つぶし」、ファーウェイ耐えられるか
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59338380Q0A520C2000000/


中国がSMICを支援

中国、ファーウェイ支援にSMIC担ぐ 2400億円出資
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO5941767021052020FFJ000/?n_cid=SNSTW002

そんな中サムスンが5ナノ半導体の生産開始のニュースを出し、レーザーテックの株価は下がる事もなく上がった

<きょうの材料と有力銘柄>サムスンが5ナノ半導体量産へ―EUV関連の事業環境に追い風
https://kabushiki.jp/news/378361

韓国サムスン電子は、回路線幅5ナノ(ナノは十億分の一)メートルの半導体の受託生産を年内にも本格的に始めると発表した。ライバルで受託生産世界最大手の台湾TSMCに対抗する。線幅の微細化はチップ当たりの記憶容量拡大につながり、5ナノ品はTSMCが今年から世界で初めて量産を始めた。サムスンはメモリー最大手だが、他社の半導体の生産請け負いも手掛け、TSMCと競合している。最先端技術の導入で差を縮めたい考え。

ファーウェイ制裁や米中対立が不安な一週間でしたが
あまり影響なかったな

サムスンはTSMCのライバルと上に書いてあるけど
サムスンの量産開始ニュースでレーザーテックの株価が上がるというのが驚き
つまり敵味方関係なく、上げの材料になっているのでは・・
え、、最強か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆがみブログ

コメント