株を始めて三ヶ月経過したところで株の世界に触れて思った事をまとめる記事【株初心者】

この記事は約6分で読めます。

4月20日に始めたので三ヶ月弱くらいですが、
滅茶苦茶密度の濃い三ヶ月でした。

いつもなら三ヶ月なんてあっという間に過ぎていきますが、
1年分くらいの出来事があったように感じます(言い過ぎた
そのまとめです

スポンサーリンク

収支

自分が買ったレーザーテックは三ヶ月でどうなったか

一生上がり続けました
沢山ある銘柄の中でも最強を引き当てるビギナーズラック

月足は宇宙にでも行くのかという形に

おかげで収支も+600万弱と好調


目的がリタイアなのでそれなりの額を突っ込んでます
なので負ける覚悟・リスクも背負っています
覚悟の分だけ見返りがある覚悟ゲーだと思います

覚悟は必要

専門用語の多さに少し慣れてきた

株の情報は主にYAHOO板5chツイッターで仕入れますが、
ビックリするくらい専門用語が多く、最初はみんなが何を言ってるのか分かりませんでした。

地合いとか押し目とか
わざと隠語にしてるの?
と思うくらいの用語が当たり前のように使われていますが、
もはや異国の文化に慣れるしかない精神で毎日読んでいたら分かるようになってきました
慣れ。

株を始めて良かった事

お金の話を除くと一番は

必ず朝に起きるようになった。

日本市場は9時に開始、15時に閉まるので、
必ず9時前には起きています

昼夜逆転が無くなり、
休み明けが辛い日々から解放されました。

平日休みの人限定ですが。

兼業には成長株がオススメ

株には成長の早さの種類があります

グロース株(成長株)と、急騰株です

違いは

急騰株は1日で20%とか価格が上昇する

グロース株は少しずつ上昇する株です


どちらがいいのか?兼業はグロース一択だと思います

グロースはその会社の将来性に期待して持つもので割と放置でいいのですが、
急騰株はその1日にで決着が付くようなものなのでずっとチャートを見ている必要があります

一時期、急騰に近い銘柄を保有して
仕事をしながらずっと株価を見てる日々を少し続けてみましたが、
続けたら不幸が待っていると悟りました
仕事も株も失敗する最悪パターンになる、と。

グロース株なら兼業のハンデも無くなります。

誰もがタラレバに悩まされる

これは始める前から予想はできていたことですが

ネットを見るとタラレバ話をする人だらけです

あの株を一時期持っていたけど手放さなかったら今は大金を手にしていたのに~

の話をする人だらけです

これはその後の人生もグチり続ける事になる最悪のパターンだと思います

自分で買う銘柄を決めて、自分で買って、自分で売る
全部自分でやるからダメージが大きいのだと思います

この問題は、株をホールドすることで軽減することが出来ると思います
よくわかっていない初心者ほど、あれこれ手を出してしまい、
タラレバ病になると思います
こうはなりたくないのでホールドを選びました。

銘柄は1つだけがいいのか複数買うのがいいのか

はじめて買った銘柄はレーザーテックですが、
最初の頃はすぐに他の銘柄も買いだしました。

アドバンテスト・ホロン等、
今後の時代は5G・テレワーク・AI・自動運転
全てに必要な半導体の時代が来る
その株を買っておくのが勝率高いだろうと思い、
5種類くらい同時に保有していた時期がありました

これは失敗でした

専業なら複数銘柄も

銘柄一本に絞った一番の理由

ホロンという銘柄があるんですが、
この会社はレーザテックと同じEUV関連の会社で、
レーザーテックと同じように連日株価が上がっていました

絶対来ると思って6800円のところで400株購入
したら次の日が決算発表

決算発表された瞬間ストップ安です

6800円が次の日5000円になるという恐ろしい出来事に。
ジャンピングキャッチ(価格が高い時に買う)して次の日暴落というコンボを食らってしまいました
-60万です。

この出来事で思ったのが、多く銘柄を持つのはリスクが高いということです
毎日全銘柄の旬な情報を見続けなければいけないということがあり、
これは仕事やりながらだと無理だと共倒れになると思い、1つに絞りました。

株は競馬やパチンコより勝ちやすいと思う

競馬はやったことがないけど、
アーモンドアイという馬のことは知っています

余りにも強すぎてこの馬に賭けておけば間違いないと言われていたのに
負けてしまいました

大損です
賭けたお金が0になった人も多いでしょう

強い馬も100%勝てないのは仕方ないとして、
株と大きな違いは損切りが出来ない事です。

株はヤバいと感じたら逃げられる損切りシステムがあります(ストップ安は逃げられませんが)。

なんなら一定の株価まで下がったら勝手に売却してくれる指値システムまであります。

これがなんというか、格闘ゲームでいうコンボを食らっている最中にバーストで回避できる要素で、株が勝ちやすいと感じる理由です。

さらに塩漬けという手法もあります
含み損が出ても売らずに持っておいて株価が回復した場合、損害を無くすことも可能。

今はまだ勝っているが

現状勝っています。
腕もなにもないので立ち回りはガチホです。

ただ世界情勢が最高に不安定な状況なので
いつ大暴落が始まるかという危険性があるヤバい時期です。

いきなり値下がりしてマイナスに転じるかもしれません

多く人はノーポジにするかポジションを半分にしているみたいですが
フルポジです。

何度もナイアガラが発生して終わったと思う事がありますが、
各国の中央銀行が金融緩和して全力で買い支えて
すぐ戻す株価
そんなチートが勝利するか、チートが負けるか
そんな状況

ただ、含み益も利確しないと収益にはならない
自分はキッズリターンのマサルとシンジタイプの人間なので、
最終的には負ける気がしています

キッズ・リターン – 劇場予告編 (Takeshi Kitano)

このままレーザーテックをホールドするのか?

ホールドしますね

4年は業績が下がらないと僕の信じる楽天今中さんが言っているので
結構安心してホールドできると思います

4年の間にEUVは本番で進んでいきます。
その先はどうするの?という話もありますが、
これだけ凄い会社なので、その間に新製品を出す可能性も高いと思われます


完全に初心者の考えですけどもう一つ信じてる要素がある。
ちょっと前に日本と韓国が揉めたとき、
日本が韓国に対してかけた制裁が
フッ化水素の輸出を止めるというものがありました。

それで韓国が完全にチェックメイトされたかのように大人しくなったんですよね

あまり外交に興味ない自分も印象に残っています。

それを考えると、政府はこのようなオンリーワン技術を持った会社を
絶対に守るだろうと思うんです
買収されたら終わりなので。
技術も流出させたくないでしょう。

それに加え、日銀が一番買っている銘柄はアドバンテストです
いかに半導体を重視しているかというのが分かります。

これだけ地合いが悪いのにレーザーテックやアドバンテストは
謎の買い支えがあり暴落しないのは政府が守る対象であり硬い銘柄であると思っています
実際に日銀砲で色んな株価を守っていますからね。
どの会社を買い支えるかという予想になれば、
優先順位は高いと思われます。

あとはこれからの時代の後押しもあり

・5Gスマホ
・高性能PC
・高性能サーバー
・テレワーク
・データセンター
・5Gへの投資

半導体の需要が増加する構造が出来ている

なので今年は半導体銘柄を選ぶのが堅い
なのでまだまだレーザーテックで行こうと思います

お金を増やすのに株はいいのか?

いいと思います
100点だと思います

なぜなら10万突っ込んで、悪い結果になっても半分になるだけです
逆に2~10倍になることが割とある世界なので
期待値の塊です

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆがみブログ

コメント