株日記2021年1月 欲しいのは強い銘柄より手法

この記事は約5分で読めます。

珍しく言いたい事が多い月


株は負けたら悔しいけど
勝っても悔しいという病にずっと侵されていましたが
ようやく突破口が見つかりそうな気がした


株は、たられば問題に悩まされる

ネットを見ると多くの人がタラレバ話をして嘆いているけど

ああなっちゃ自分の身を亡ぼすだけだな・・

と半面教師にしてきたけどついに

レーザーテック
オリエンタルランド
オリックス
シャープ
任天堂


等、自分が利確したあともまだまだ上げ続けるのを見たら
タラレバ病にかかってしまった

181217swzoffch(2)-w1280.png (858×720)
タラレバ面に落ちる


終わったなと思いきや、長年ゲームをやってきたので
やられっぱなしではない
対策しないとずっと苦しむからさっさと気付くべきだった
俺は対策が出来るゲームをやってきたから



対策

株をやっている人はタラレバ病に必ず感染するし
いちいち怒っていたら負けやすくなるだけなので治さないといけない

8ヶ月悩んでようやく気付いたのがルール作りが大事だということ


買い増しナンピンや利確のタイミングが
いつもその場のノリで決める適当だったからです

ルール化すればいいことに気付いたとき


こうなった

スポンサーリンク

1月収支

レーザーテック以降で言えば過去最高になった
持ち越し入れたら200万近い
30銘柄くらい触った

触る銘柄は多い方がいいと学べた月だった
少ないとそれだけチャンスが少なくなる


先月仕込んでずっと上がらなかった銀行株やブリヂストンが今月になってめっちゃ上がった形

オリックスの時もそうだったけど、地獄ナンピンは見返りがデカい。

EV銘柄が凄い盛り上がってたけど見てるだけで乗り遅れたので
タイヤが売れるだろうという謎の考えでゲロナンピンし続けたブリヂストンが
吹きあがってくれて3750で利確で80万くらいになった
しかしそのままするすると4000突破してるのを見て
利確のタイミング下手すぎるとつくづく思った

何度目の利確ミスだと悔やんだけど
上の方に書いたルール作りで収まった

収支的には順調だけど、
正直、いつかやれらそうなのでまだ勝っているとも思っていない
最後まで降りられない人間なんだよ

ゲーム好き、株が有利説


ときどさんが株をやっていたら絶対億トレなんだろうなと思いつつもやっていないから
自分でときど式を考えている毎日

これが楽しい
トレモが大嫌いな自分が楽しいんだから、トレモ好きには飛び跳ねたい楽しさだろう。
食らったら次は食らわないように対策するという対策要素が盛りだくさんなのもゲームっぽい

甘えた行動をしないから
甘えた行動をしないのが株でめちゃくちゃ強いと思うのだけどどうだろうか。

でもときどさんは株をやらないので
自分がときどさんが株をやったらこうやるだろうなという
株のときど式を勝手に探し始めている

Evo 2002 3s Tokido vs Justin Wong


ときどさんの全盛期、今見てもびっくりするほど寒い
1R目トドメ差さずにゲージ溜めるんですよ
よくアメリカまで行ってこんなこと出来ますよ

この徹底を株で実戦したら絶対に負けないだろうという確信があるから
株のときど式を研究しだした

欲しいのは強い銘柄より、手法

強い銘柄勝てても、あまりよろしくないと思えてきた

強い銘柄に頼っていると勝ちが長続きしないだろうと思う
運ゲーに近い

最初はyoutuberに強い銘柄を教えてもらうということをしていたけどもうしていない
自分で見つける実力を付けないと勝ち続けられないしいつか負けると思う

あと視野が狭くなる
4000銘柄あってどれも強い時期、弱い時期があるんだから
どう考えても4000銘柄の上がる時に乗る方が有利と思ったし
ときどさんも株をやっていたらそうやってるに違いないと勝手に思っている

勝率を気にするのをやめたほうがいいと思う

極端なことを言うと1勝9敗でも勝ちになることがある
コツコツ小さく負け、チャンスな時にドカンと1回大きく勝つ
これで収支プラスになるのなら強いだろうと。

勝率を気にして小さく負ける事を気にしていたら大きく勝てない

例を挙げるとダメな展開になりそうなら
あまりにも早い損切りをして、小さく負けて次に行くという手法が
可能性の塊のような気がして

来月の目標にしている

技を増やしたい

技は無限ナンピンだけだった
結構強いけど

来月から
・ファイナルナンピン
・恐ろしく早い損切り

を取り入れたい
どちらもコツコツドカンに必要

逆張り

代表的な手法に、順張りと逆張りがあるけど、
逆張りの方が有利なんじゃないかなと思ってそればかりやっている

逆張りというのを知ったのは
10月に地の底まで下がりまくるオリックスをナンピンしまくった結果大勝できた時
後でそれが「逆張り」というものだと知ったけど

絶対有利じゃんと勝手に決めつけてこれしかやらなくなった

有利だと思う理由は

・株はどんな銘柄も上がったり下がったりする
順張りだと自分が勝った瞬間から下がり出したらどこまで下がるのか読めない

・逆張りは底打ちがある
これが一番でかいと思う 逆張りの勝ち

・天井より底の方が読みやすい
大体。自信が持てたら大きく張れるし。
読みが外れたら高速損切りすればいいから期待値大
完全に有利。

・織り込み済みの魔力
株をはじめてすぐの時にみんな驚く、神決算からの暴落
逆に糞決算出して上がる株もある
これはすでに上がっている順張り銘柄だと織り込み済みという事で決算がしょぼ扱いされて下がってしまう
こんなリスクのあるイベントが三ヶ月に一回あるという不安しかないだろう順張りは

順張りだと50万勝っても50万負けるリスクがおなじくらいあるように感じる



あと最近知ったけどBNFさんも初心者の時は逆張りをやっていたと知って
だいぶ心強い感じがします
あと氏の手法がネットに転がっているのもとてもありがたいことで、
ああこうやればいいのかと思う事ばかり。

師匠とかいないで今まで勘でやっていたから

さすがにときどさんに似ている
冷たく冷たくを突き詰めたときど式の株版



デイトレに興味が出る

上手い人は、ローソクの下で買って上で売ると一生繰り返しているらしい
確かにそれをやれば人より10倍くらい稼げるだろう

ネックなのは売り買いが多いと手数料が多く発生することだけど
楽天証券は信用取引を使うと手数料が無料になるという神なので
信用口座を開設した
他の証券会社は知らない

デイトレの強みとして、
持ち越しのリスクが無くなる

このリスクの無さからして
ときど式はデイトレなんじゃないかと思った

というわけで2月はデイトレやってみる
難しいだろうけど
色々やってみた方がいいだろうというのもある

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハッピーゲームハッピーライフ

コメント